スコティッシュフォールドのお手入れ

スコティッシュフォールドのシャンプー事情

基本的に猫はシャンプーの必要はない

猫は自分で毛づくろいをするので、シャンプーは基本的に必要ありません。

きれい好きでグリーミングも徹底しているため、人間が手を出さなくても体を清潔に保つことができます。
スコティッシュフォールドを完全に室内飼いしていれば、基本的には毛が汚れることもありませんが、
我が家のshiroのように、玄関の靴置き場に降りてしまったり、小さな隙間に入ってホコリだらけになってしまったり、
ベランダで日光浴中に背中ゴロゴロしてしまうと、汚れてしまうんですよね・・・
なので、うちではたまーにシャンプーしてあげてます。

shiroはブラシが大嫌いなので、抜け毛が多くなる時期にもシャンプーしてあげてます。
シャンプーするのはとても大変ですが、抜け毛もきれいになるのでちょうどよいです◎

 

スコティッシュフォールドのシャンプー・お風呂の頻度

シャンプーやお風呂の頻度ですが、うちは短毛種のスコティッシュフォールドなので、半年に1回位です。
長毛の場合はもうちょっと頻度が多くなるかもしれませんね。

シャンプー、お風呂の時に用意するもの

シャンプーやお風呂の時には、我が家ではそのままシャンプーしてますが、
本当はペット用のバスタブか、大きめのたらいを用意すると楽です。
赤ちゃん用のベビーバスでも良いかもしれません。

我が家にはちょうど1ヶ月の赤ちゃんがいて、もうすぐベビーバス卒業なので、
そうしたらshiroのお風呂にしてみようかなと考えています♡

また、ブラシや猫用のシャンプー・リンス、体をふくためのタオル、ドライヤーも準備します。

げげ!猫用のシャンプーがない!そんな時は・・・

猫をお風呂に入れようとしたら、猫用のシャンプーが無かったという場合はどうしたらいいでしょうか?

人間用のシャンプーは使えますか?

人間用のシャンプーはおすすめできません。
その理由の一つは、猫にとっては香りがきつすぎるからです。

また、シリコンや洗浄成分が毛や皮膚に残る可能性もある上に、猫は自分の体をなめるので、
そのような体に悪い成分が猫の体内に取り込まれてしまう可能性があります。

強い洗浄成分で、猫の皮膚にトラブルを起こすこともあります。

犬用のシャンプーは使えますか?

よく市販のもので犬猫兼用のシャンプーもありますが、
犬用と指定されているなら基本的には猫には使用しないほうがいいでしょう。

猫にリンスは必須ですか?

必須ではありませんが、シャンプーのpHによっては肌を弱酸性にするために使用が望ましい場合もあります。
また、リンスをすると静電気が起こりにくくなり、毛のパサつきを抑えられるというメリットもあります。

スコティッシュフォールドがシャンプーを嫌がるときの対処法

スコティッシュフォールドなどの猫は基本的に濡れるのが嫌いです。
うちのshiroも、水道などの「流れる水」は大好きなのに、体に水がかかるのを嫌います。
なので、シャンプーも大嫌い!!!

そんなshiroのようなシャンプー嫌いな子のために、対処法を考えてみました^^

バスタブ、たらい、ベビーバスを使ってみる

びっくりしないように用意しておいたシャンプー入りのぬるま湯にそっとつけて、足や尾のほうからやさしく洗っていきます。
赤ちゃんの沐浴と同じようなイメージですね。

予めシャンプーを入れたお湯につけてしまえば、なでるように洗うだけなので、洗う方も少しは楽です。

顔にかかっていませんか?

洗い流すときにはシャワーの水圧に驚かないように弱めの水圧にします。
また、シャワーヘッドを体に軽く当てて流していくとビックリしにくいです。
顔を洗う時には、特に細心の注意を払ってください。
目元はお湯で濡らしたガーゼで拭き取る感じでもよいと思います。

スコティッシュフォールドがドライヤーを嫌がる時の対処法

お風呂上りにドライヤーで乾燥させようとすると、まず嫌がります。
うちは大暴れするので、洗うコチラ側もびしょびしょになります^^;

夏であれば、吸水性の高いタオルで水分をふき取り、後は自然乾燥でも大丈夫です。
うちのshiroは、自分で体中を舐めて乾かしています。

ただ、冬はしっかり乾かさないと風邪をひいてしまうので、タオルドライをきちんとしてドライヤーで乾かします。
嫌がる場合はキャリーバッグに入れて外から乾かすという方法もあります。

2人いればドライヤーも楽にできますが、一人の場合は両手を使えるペット用のドライヤーがあると便利です。
うちは、冬は床暖房やエアコンを入れてあげて、できるだけ乾きやすいようにしています。

お店でシャンプーを頼んだ時の費用・価格

お店によってシャンプーにかかる費用は異なります。
猫ちゃんの場合はだいたい4,000〜7,000円といったところが多く、毛の長さによって料金が異なる場合もあります。
犬より少し安いイメージです。

我が家はshiroのシャンプーは自宅でしていますが、
あまりに嫌がる場合の子はプロにお任せしてしまった方がよいかもしれないですね・・・

お店の場合は、シャンプーだけでなく、爪切りなどのオプションを選択することもできます。

猫のシャンプー・お風呂の疑問

シャンプーのしすぎはNGってほんと?

猫の皮膚は人間の皮膚よりも薄く、刺激に弱いです。
頻繁にゴシゴシとシャンプーをしてしまうと、お肌のトラブルになる可能性があります。

また、肌は一定のサイクルでバリア機能が構築されていくのですが、
頻繁にシャンプーするとバリア機能が出来上がらず、外からの刺激を受けやすくなってしまうそうです。

なので、シャンプーはたまにの方が良さそうです◎

シャンプー嫌いだからウェットティッシュで拭いてます。これって意味ある?

猫は基本的に自分で体を舐めて清潔にするので、定期的にウェットティッシュでふく必要はありませんが、
汚れてしまった場合は、シャンプーをしたり、シャンプー嫌いならウェットティッシュで拭いてもOKです。

でもその時のウェットティッシュの素材にも注意しましょう。

ペットにも使えるタイプのウェットティッシュや、自然の成分を使用したドライシャンプーもあります。
お湯で濡らしたタオルで拭いてあげるだけでも多少違うので、
シャンプー嫌いな場合は、体を拭いてあげるのもスキンシップになって良いですね♡

当サイトがおすすめするキャットフードランキング

キャットフードの成分がAAFCOの栄養基準を満たしているか、総合栄養食か、というのはドライフードにおいてもはや「当たり前」のことです。

AAFCOの栄養基準を満たしていたとしても、安全とは言えません。AAFCOは栄養基準だけで、原材料の質までは分からないからです。

しかし当サイトでは、原材料の質こそ最も大切と考え、おすすめできるキャットフードを厳選して紹介します。

『モグニャン』

11593
  • グレインフリー(穀物不使用)
  • ヒューマングレードの食材を使っている
  • 着色料、香料不使用
  • 主原料は新鮮な白身魚を68%使用(低脂肪、高タンパク)
  • 野菜や果物が豊富に入っている
  • オメガ3、オメガ6入り
  • 小粒なので食べやすい
  • 全猫種、オールステージ用
1日あたりの給与量 1日あたりのコスト 1ヶ月あたりのコスト
3kgの成猫 (50g / 1日) 118円 3,540円
4kgの成猫 (60g / 1日) 142円 4,260円
5kgの成猫 (70g / 1日) 169円 5,070円

※コストはそれぞれの体重の平均給与量にて、当サイトにて計算しています

主原料が白身魚で、肉に比べ高タンパクすぎないことから、運動量が多くない日本の室内猫ちゃんにむいています。

フードの大きさが約7mmと小粒で、体の小さな猫ちゃんでも食べやすいキャットフード。

香料を使用していないのですが、キャットフードを開けたときに香ばしい良いかおりがします。

もちろんグレインフリーで、ヒューマングレードの原材料を使っています。

お野菜や果物が豊富でコスパがとてもよいので、メインとして食べさせるキャットフードにおすすめ!

『ねこはぐ』

  • グレインフリーではないが、グルテンフリー(小麦フリー)
  • 全ての食材が国産
  • 全ての食材がヒューマングレード
  • 野菜が入っている
  • オイルコーティングしていない
  • 添加物を使っていない(無添加キャットフード)
  • 主原料は、九州産の若鶏を使用
  • 全猫種、オールステージ用
1日あたりの給与量 1日あたりのコスト 1ヶ月あたりのコスト
3kgの成猫 (45g / 1日) 179円 5,370円
4kgの成猫 (55g / 1日) 219円 6,570円
5kgの成猫 (65g / 1日) 260円 7,800円

ねこはぐの特徴は、なんといっても国産!

国産のキャットフードで、なおかつ全ての原材料がヒューマングレードというのはとてもめずらしいです。

原材料の質はとてもよいです。

グレインフリーではありませんが、アレルギーがでる可能性が高い小麦ととうもろこしは使用していません。雑穀を使用しています。

ねこはぐは、2018年に発売されたばかりの新しいキャットフードです。

そのためデータがまだ少ないのと、良質とはいえ穀物がはいっているため、メインとして食べさせるキャットフードではなく、時々ローテーションするためのキャットフードとするのがおすすめ!

『オリジン』

  • グレインフリー
  • ヒューマングレードの食材を使っている
  • 主原料は、新鮮鶏肉・新鮮七面鳥肉・新鮮イエローテイルカレイ
  • 合成サプリメントをほとんど使用していない
  • オメガ3、オメガ6入り
  • 粒のサイズが大きめ
  • たんぱく質がかなり多いので、活動的な若い猫ちゃんむき
1日あたりの給与量 1日あたりのコスト 1ヶ月あたりのコスト
3kgの成猫 (57g/1日) 228円 6,840円
4kgの成猫 (57g / 1日) 228円 6,840円
5kgの成猫 (76g /1日) 306円 9,180円

※コストはそれぞれの体重の平均給与量にて、340g 1,350円(税抜)で計算

オリジンの特徴は、たんぱく質の量が多いこととほとんど全ての栄養を原材料から摂取できることです。

オリジンは猫の祖先の食事を再現しています。

そのためほとんどの食材がまるごと使用されていて、ビタミン・ミネラルといったサプリメントまでもがほとんど添加されていません。

しかし非常に高タンパクなキャットフードのため、運動量の少ない現在の家猫の場合にはカロリー過多になる可能性があります。

若い猫ちゃん、運動量の多い猫ちゃんにはよいでしょう。

誰もが認める優良キャットフードですが、高タンパクすぎるのが気になるため、メインとしてではなく時々ローテーションさせるためのキャットフードの1つにするのが、おすすめ!

-スコティッシュフォールドのお手入れ

Copyright© 猫ぐらし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.