スコティッシュフォールドのお手入れ

スコティッシュフォールドに、定期的な耳掃除が必要な理由

スコティッシュフォールドといえば、「折れ耳」がトレードマーク。

我が家のshiroのように立ち耳ちゃんももちろんいるのですが、
折れ耳ちゃんは、特に耳が折れているために耳の中にゴミがたまりやすく湿度も高くなりがちです。

汚れたままにしていると外耳炎になることもあるので、定期的な掃除は欠かせません。

 

耳掃除を行うタイミングと耳掃除の頻度

耳掃除は猫がリラックスしているタイミングで行います。

耳掃除の頻度ですが、だいたい1週間に1回位しています。
爪切りと同じタイミングで、爪切りが終わったらそのまま耳掃除をする感じかな。

スコティッシュフォールドの耳掃除のやり方・方法

耳掃除をする時には、イヤークリーナーをガーゼかコットンにしみこませて優しく拭きます。
私はウェットティッシュみたいになっている、耳掃除用のシートを使っています。

耳垢が多い時には、汚れがある部分にガーゼやコットン、耳掃除シートを当てて優しくふき取ります。
女性がアイメイクを落とす時のように、汚れの部分に少し数秒当てておいてからふき取るときれいに取れます。
ちなみに耳掃除用のシートは耳の汚れをキャッチしやすいようになっているので、簡単に拭き取れます。

耳垢が多いときには、耳専用の洗浄液を猫の耳に直接入れてモミモミするお手入れ方法もあります。
でも、shiroは耳掃除も苦手なので、耳専用シートで軽く拭いて汚れを落とす方法にしています。

スコティッシュフォールドを耳掃除する時に、気をつけるポイント

耳掃除のときに気を付けていることは、耳掃除の前後には必ず耳を直接見て、状態を確認しています。

猫の耳垢が多いのは、病気のサインのこともある

スコティッシュフォールドは耳垢がたまりやすいのですが、病気が原因で耳垢が多くなっているという場合もあります。

ミミヒゼンダニ感染症や外耳炎になると、耳垢が多くなります。
ミミヒゼンダニ感染症の場合は、黒い乾いた耳垢になります。これにはダニの卵や死骸が含まれています。
外耳炎の原因が細菌である場合には、膿が出たりや黄緑色の粘性のある耳垢がたまります。

耳掃除を嫌がる時の対処法

うちのshiroは耳掃除が大嫌いです。
シャンプーも嫌いだし、ブラッシングも嫌いだし、騒然耳掃除も嫌い(笑)
でも猫が耳掃除を嫌がるからといってそのままにしておくと、外耳炎などの病気も心配です。

なので嫌がったとしても耳定期的な掃除が必要です。

普段からスキンシップをする時に耳に自然に触れて、耳に触られることに慣れさせるといいと思います。
shiroはナデナデされるのは大好きなので、あごのしたや頭をナデナデするついでに耳も触るようにしています。
そうやってちょっとずつ克服していければいいなぁ〜と思っています。

とはいっても二人いれば、猫にも負担をかけずに耳の掃除ができるので、
最初は土日など旦那さんがいる時に、2人がかりで耳掃除して少しずつ慣らしていっています^^

当サイトがおすすめするキャットフードランキング

キャットフードの成分がAAFCOの栄養基準を満たしているか、総合栄養食か、というのはドライフードにおいてもはや「当たり前」のことです。

AAFCOの栄養基準を満たしていたとしても、安全とは言えません。AAFCOは栄養基準だけで、原材料の質までは分からないからです。

しかし当サイトでは、原材料の質こそ最も大切と考え、おすすめできるキャットフードを厳選して紹介します。

『モグニャン』

11593
  • グレインフリー(穀物不使用)
  • ヒューマングレードの食材を使っている
  • 着色料、香料不使用
  • 主原料は新鮮な白身魚を68%使用(低脂肪、高タンパク)
  • 野菜や果物が豊富に入っている
  • オメガ3、オメガ6入り
  • 小粒なので食べやすい
  • 全猫種、オールステージ用
1日あたりの給与量 1日あたりのコスト 1ヶ月あたりのコスト
3kgの成猫 (50g / 1日) 118円 3,540円
4kgの成猫 (60g / 1日) 142円 4,260円
5kgの成猫 (70g / 1日) 169円 5,070円

※コストはそれぞれの体重の平均給与量にて、当サイトにて計算しています

主原料が白身魚で、肉に比べ高タンパクすぎないことから、運動量が多くない日本の室内猫ちゃんにむいています。

フードの大きさが約7mmと小粒で、体の小さな猫ちゃんでも食べやすいキャットフード。

香料を使用していないのですが、キャットフードを開けたときに香ばしい良いかおりがします。

もちろんグレインフリーで、ヒューマングレードの原材料を使っています。

お野菜や果物が豊富でコスパがとてもよいので、メインとして食べさせるキャットフードにおすすめ!

『ねこはぐ』

  • グレインフリーではないが、グルテンフリー(小麦フリー)
  • 全ての食材が国産
  • 全ての食材がヒューマングレード
  • 野菜が入っている
  • オイルコーティングしていない
  • 添加物を使っていない(無添加キャットフード)
  • 主原料は、九州産の若鶏を使用
  • 全猫種、オールステージ用
1日あたりの給与量 1日あたりのコスト 1ヶ月あたりのコスト
3kgの成猫 (45g / 1日) 179円 5,370円
4kgの成猫 (55g / 1日) 219円 6,570円
5kgの成猫 (65g / 1日) 260円 7,800円

ねこはぐの特徴は、なんといっても国産!

国産のキャットフードで、なおかつ全ての原材料がヒューマングレードというのはとてもめずらしいです。

原材料の質はとてもよいです。

グレインフリーではありませんが、アレルギーがでる可能性が高い小麦ととうもろこしは使用していません。雑穀を使用しています。

ねこはぐは、2018年に発売されたばかりの新しいキャットフードです。

そのためデータがまだ少ないのと、良質とはいえ穀物がはいっているため、メインとして食べさせるキャットフードではなく、時々ローテーションするためのキャットフードとするのがおすすめ!

『オリジン』

  • グレインフリー
  • ヒューマングレードの食材を使っている
  • 主原料は、新鮮鶏肉・新鮮七面鳥肉・新鮮イエローテイルカレイ
  • 合成サプリメントをほとんど使用していない
  • オメガ3、オメガ6入り
  • 粒のサイズが大きめ
  • たんぱく質がかなり多いので、活動的な若い猫ちゃんむき
1日あたりの給与量 1日あたりのコスト 1ヶ月あたりのコスト
3kgの成猫 (57g/1日) 228円 6,840円
4kgの成猫 (57g / 1日) 228円 6,840円
5kgの成猫 (76g /1日) 306円 9,180円

※コストはそれぞれの体重の平均給与量にて、340g 1,350円(税抜)で計算

オリジンの特徴は、たんぱく質の量が多いこととほとんど全ての栄養を原材料から摂取できることです。

オリジンは猫の祖先の食事を再現しています。

そのためほとんどの食材がまるごと使用されていて、ビタミン・ミネラルといったサプリメントまでもがほとんど添加されていません。

しかし非常に高タンパクなキャットフードのため、運動量の少ない現在の家猫の場合にはカロリー過多になる可能性があります。

若い猫ちゃん、運動量の多い猫ちゃんにはよいでしょう。

誰もが認める優良キャットフードですが、高タンパクすぎるのが気になるため、メインとしてではなく時々ローテーションさせるためのキャットフードの1つにするのが、おすすめ!

-スコティッシュフォールドのお手入れ

Copyright© 猫ぐらし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.