スコティッシュフォールドの特徴

スコティッシュフォールドがかかりやすい病気と遺伝病

スコティッシュフォールドは、折れ耳姿が特徴で、とってもCUTEな猫ちゃんですが、
先天性の病気を持っていることも多いため、よく観察して適切なケアをすることが大切です。

スコティッシュフォールドが病気になる確率と割合

スコティッシュフォールドの病気の見分け方

病気があると、動作が遅かったり部屋の隅にうずくまって動かないということがあります。

また、体を触ると嫌がったり、いつもと違って毛がごわごわしている、
下痢や嘔吐などの症状が現れた時には、病気を疑った方がよいです。

頭を振ったり耳を頻繁にさわる、耳垢が臭いといった場合は、耳の病気の可能性があります。
骨にこぶのようなものができるのは遺伝性骨形成異常症で、動作が鈍くなりジャンプもできなくなります。

立ち耳は病気になりにくいって本当ですか?

スコテュッシュフォールドは折れた耳が特徴の猫ちゃんですが、
折れ耳になるのは、遺伝的に耳の骨が奇形であるためと言われています。

そのため折れ耳の原因になる遺伝子を持っていると、同時に関節や骨の病気が発症することがあるため、
立ち耳のほうが骨の病気にかかりにくいとは、いわれています。

でも、立ち耳だったら病気にならないという話ではなく、
肥大型心筋症のような内臓疾患を抱えている場合もあるので、個体差もあるんじゃないかなーと思います。

うちのshiroは立ち耳のスコテュッシュフォールドですが、
やはりスコ以外の猫ちゃんよりは病気になる確率は高いんじゃないかと思いますし、
その分キャットフードなどは良質なものを与え、病気にならないように気をつけています。

しかし耳の病気に限って言うと、通気性のよい立ち耳ちゃんの方が、折れ耳ちゃんより
病気になる確率は低いかもしれませんね・・・

いずれにしても、スコティッシュフォールドは、立ち耳、折れ耳にかかわらず、
病気になる可能性が高いと言われているので、十分注意していきたいと思います!

先天性の病気:骨瘤(こつりゅう)・遺伝性骨形成異常症とは?

遺伝性骨形成異常症は、軟骨が変形する病気です。

多くの場合、生後3ヵ月から2年の間に症状が出ると言われています。
発症すると軟骨の変形によって骨瘤(こつりゅう)ができます。

骨瘤(こつりゅう)になったスコティッシュフォールドは私の身近にいないのですが、
調べてみた所、このような症状がでるようでした。

骨瘤(こつりゅう)の症状

骨瘤(こつりゅう)は最初に足や尾にできて、こぶのように盛り上がります。
足に骨瘤ができると歩き方がおかしくなり、びっこを引いて歩くこともあります。
反対に痛みが出ている場合は、あまり動かなくなります。

長生きしてほしい!飼い主ができる骨瘤の予防法

スコティッシュフォールドは、成長期までは骨瘤(こつりゅう)ができやすいそうです。
なのでその期間は定期的な健康診断を受け、毎日体をチェックして骨格の状態を見守る必要があります。

スコティッシュフォールドは関節が弱いと言われていますが、
私が見ている限り、スコは猫の割にどんくさい一面もありますw
(うちのコだけかしら・・・?)

例えば猫って高いところから落ちても、ちゃんと着地できるイメージじゃないですか?
実家には雑種の猫がいるんですが、天井近くまである食器棚からでもちゃんと着地できます。
でもshiroは、階段の手すり程度の高さから降りる時も、体全体で着地(もはや落下)してました・・
今は子猫の頃よりは上手になりましたが、やはり不意打ちの時は転んだりもしてますw

なのでうちではまだキャットタワーは設置してません。
もし設置するとしても、転落した時のために床にじゅうたんを敷いたりと、
できるだけ関節に負担がかからないようにするつもりです。

骨瘤(こつりゅう)はフードで予防できますか?

骨瘤は遺伝性の病気が原因なので、フードで予防することはできません。
残念ながら、有効な治療方法も今のところ見つかっていません。
鎮痛剤で痛みを軽減させることが治療法の中心になっているようです。

スコティッシュフォールドの耳の病気(外耳炎・耳ダニ感染症・遺伝性難聴)

外耳炎は耳掃除で予防する

外耳炎になると外耳道やその周りが赤くはれたり、膿が出てきます。
たまった耳垢に悪臭があり、発熱することもあります。

外耳炎になるのを予防するには耳を常に清潔にしておくことが一番です。
私は1週間〜10日に1回程度、耳掃除用のシートで耳のケアをしています。

耳ダニ感染症も予防できる

耳ダニ感染症は、ダニが外耳道に寄生して起きる病気です。
耳の中にカサカサした黒い耳垢がたまります。

外猫に接触させない、猫の身の回りや体をいつも清潔にしておく、
定期的にダニの駆除をすることで予防できます。

実家の猫は元野良猫なんですが、実家に来た時黒いカスがたくさんあって動物病院へ連れていったところ
大量の耳ダニでした・・・・
でも耳ダニを駆除した後は1度も発生していないし、完全な家猫になったので、
家で飼っている猫ちゃんよりも外を出歩く猫ちゃんの方が耳ダニになりやすいのかもしれません。

遺伝性難聴は生まれつき

遺伝性難聴だと、生まれたころから音に反応しません。

猫は人間のような補聴器があるわけではないので、今のところ治療法はありません。
難聴の猫の場合、鳴き声が非常に大きくなることがあるそうです。

内臓の病気(腎不全・肥大型心筋症・尿路結石症)

猫に多い腎不全には注意して

腎不全になると、よく水を飲み、薄いおしっこを大量にするようになります。
猫にとても多い病気の1つですが、食欲がなくなったりふらふらすることもあるそうです。

肥大型心筋症になると、少し運動しただけで呼吸が苦しくなります。
完治は望めない病気なので、心臓の状態がそれ以上悪くならないように薬でコントロールしていきます。

尿の中にミネラル成分(マグネシウム、カルシウム、リン等)が増えたり、
尿のpHバランスが崩れると尿路結石になりやすくなります。

予防としては、水を飲ませる工夫をしたり、pHを適切に保てる食事をさせます。

私は、食べ物(フード)で予防できる病気に関しては、フードで予防していこうと思っています。

その他気になる症状の対処法

便秘・下痢・軟便

うちのshiroは快便ですが、実家の猫はかなりの便秘体質です。
2日に1回出れば良い方で、1週間出ないということもありました。
便秘をした時にはおなかをやさしくマッサージしてあげています。

また、食事にも気をつけて水分を十分に飲ませたり、運動をさせるようにするのもいいです。

下痢・軟便の場合は、フードの量を見直したり、猫の胃腸を休めるように少なめにしてみます。
それでも回復しなかったり、嘔吐を伴う場合は病院で診てもらいましょう。

毛玉を吐く・猫なのに毛玉をはかない

猫が毛玉を吐くことは、体内に毛玉を溜め込まないために大切だといいますが、
うちのshiroに関しては、ほとんど毛玉を吐きません。

でも毛玉がおなかにたまっていると、元気がなくなって下痢や便秘になり、おなかを触られるのを嫌がるそうですが、
まったくそんな気配もなく、元気いっぱいです。

猫草を買ったこともありますが、全く食べずに枯れました^^;

shiroはうんちがよく出る子なので(1日に2回出ます)、うんちと一緒に毛玉を出しているのかもしれません。
また毛づくろいをしている姿をあまり見ないので、毛玉が溜まっていないのかも・・・

当サイトがおすすめするキャットフードランキング

キャットフードの成分がAAFCOの栄養基準を満たしているか、総合栄養食か、というのはドライフードにおいてもはや「当たり前」のことです。

AAFCOの栄養基準を満たしていたとしても、安全とは言えません。AAFCOは栄養基準だけで、原材料の質までは分からないからです。

しかし当サイトでは、原材料の質こそ最も大切と考え、おすすめできるキャットフードを厳選して紹介します。

『モグニャン』

11593
  • グレインフリー(穀物不使用)
  • ヒューマングレードの食材を使っている
  • 着色料、香料不使用
  • 主原料は新鮮な白身魚を68%使用(低脂肪、高タンパク)
  • 野菜や果物が豊富に入っている
  • オメガ3、オメガ6入り
  • 小粒なので食べやすい
  • 全猫種、オールステージ用
1日あたりの給与量 1日あたりのコスト 1ヶ月あたりのコスト
3kgの成猫 (50g / 1日) 118円 3,540円
4kgの成猫 (60g / 1日) 142円 4,260円
5kgの成猫 (70g / 1日) 169円 5,070円

※コストはそれぞれの体重の平均給与量にて、当サイトにて計算しています

主原料が白身魚で、肉に比べ高タンパクすぎないことから、運動量が多くない日本の室内猫ちゃんにむいています。

フードの大きさが約7mmと小粒で、体の小さな猫ちゃんでも食べやすいキャットフード。

香料を使用していないのですが、キャットフードを開けたときに香ばしい良いかおりがします。

もちろんグレインフリーで、ヒューマングレードの原材料を使っています。

お野菜や果物が豊富でコスパがとてもよいので、メインとして食べさせるキャットフードにおすすめ!

『ねこはぐ』

  • グレインフリーではないが、グルテンフリー(小麦フリー)
  • 全ての食材が国産
  • 全ての食材がヒューマングレード
  • 野菜が入っている
  • オイルコーティングしていない
  • 添加物を使っていない(無添加キャットフード)
  • 主原料は、九州産の若鶏を使用
  • 全猫種、オールステージ用
1日あたりの給与量 1日あたりのコスト 1ヶ月あたりのコスト
3kgの成猫 (45g / 1日) 179円 5,370円
4kgの成猫 (55g / 1日) 219円 6,570円
5kgの成猫 (65g / 1日) 260円 7,800円

ねこはぐの特徴は、なんといっても国産!

国産のキャットフードで、なおかつ全ての原材料がヒューマングレードというのはとてもめずらしいです。

原材料の質はとてもよいです。

グレインフリーではありませんが、アレルギーがでる可能性が高い小麦ととうもろこしは使用していません。雑穀を使用しています。

ねこはぐは、2018年に発売されたばかりの新しいキャットフードです。

そのためデータがまだ少ないのと、良質とはいえ穀物がはいっているため、メインとして食べさせるキャットフードではなく、時々ローテーションするためのキャットフードとするのがおすすめ!

『オリジン』

  • グレインフリー
  • ヒューマングレードの食材を使っている
  • 主原料は、新鮮鶏肉・新鮮七面鳥肉・新鮮イエローテイルカレイ
  • 合成サプリメントをほとんど使用していない
  • オメガ3、オメガ6入り
  • 粒のサイズが大きめ
  • たんぱく質がかなり多いので、活動的な若い猫ちゃんむき
1日あたりの給与量 1日あたりのコスト 1ヶ月あたりのコスト
3kgの成猫 (57g/1日) 228円 6,840円
4kgの成猫 (57g / 1日) 228円 6,840円
5kgの成猫 (76g /1日) 306円 9,180円

※コストはそれぞれの体重の平均給与量にて、340g 1,350円(税抜)で計算

オリジンの特徴は、たんぱく質の量が多いこととほとんど全ての栄養を原材料から摂取できることです。

オリジンは猫の祖先の食事を再現しています。

そのためほとんどの食材がまるごと使用されていて、ビタミン・ミネラルといったサプリメントまでもがほとんど添加されていません。

しかし非常に高タンパクなキャットフードのため、運動量の少ない現在の家猫の場合にはカロリー過多になる可能性があります。

若い猫ちゃん、運動量の多い猫ちゃんにはよいでしょう。

誰もが認める優良キャットフードですが、高タンパクすぎるのが気になるため、メインとしてではなく時々ローテーションさせるためのキャットフードの1つにするのが、おすすめ!

-スコティッシュフォールドの特徴

Copyright© 猫ぐらし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.