安全なキャットフードを探す

オリジンキャットフード【正規品】を最安値で買う方法

ちーママ
うちのちーにオリジンキャットフードをお試ししてみたいと思うのですが・・・
ちーちゃん子猫だし、良いと思うわ!オリジンを買うなら必ず正規品を買うようにしてね!
shiroママ
ちーママ
え?正規品じゃないのなんてあるんですか?
そうね・・・、結構出回っているわ。
shiroママ
ちーママ
えーーー!!!

オリジンを買う時に、【正規品】にこだわる理由

オリジンは、使われている原材料、原材料の質、価格、どれをとっても非常にレベルの高いキャットフードです。

オリジンを買う飼い主さんは、「価格はそれなりに高いけれど、安心を買っている」といってもいいようなものですね。

オリジンが素晴らしいのは、原材料のほとんどをサプリメントなど合成原材料に頼っていないことです。

普通キャットフードは、ビタミンやミネラル類はサプリメントを添加しています。しかしオリジンは、ビタミン・ミネラル、タウリンなどのアミノ酸さえも合成添加物を使わずに、原材料から摂取できるように配合されています。

これがオリジンの一番の特徴であり、一番のメリットだと思っています。

つまり原材料の質が良い代わりに、取り扱いに注意したいキャットフードなのです。

あなたの手元に届くまでの間に、いくつも経由地点またげば、それだけ品質劣化の可能性が高まります

温度管理は?保管期間は?保管場所は?

 

また、Amazonや楽天など多くのサイトでオリジンは販売されていますが、その販売されているオリジンが、国内正規品か並行輸入品かは私たち消費者にはわかりません

正規品とうたっていても、「本当にそれが正規品か?」はパッケージからは分からないですし、運良く正規品だったとしても賞味期限が近いものが送られてくる可能性もあります。

一般的に、正規品と並行輸入品の違いはこのようになっています。

正規品と並行輸入品の違い

  • 正規品・・・最初から日本向けに製造されたもの。正式契約を結んだ会社が輸入し正規販売店が販売しているもの
  • 並行輸入品・・・日本以外の国向けに製造されているもの。日本語のシールを貼って売っている場合もあれば、そのままの表記で売られることもある。正規のルート以外で輸入したもの。

インターネットで簡単に海外のものを輸入することができるようになった現在は、オリジンに限らず並行輸入品は私達の身の回りにたくさんあります。個人でも輸入できる世の中です。

しかしキャットフードに何かあったとき、並行輸入品は全て自己責任になります。当然正規品を販売している正規代理店とは無関係になります。

なので、私は猫ちゃんの口に入れるキャットフードの並行輸入品は買わないほうがよいと強く思っています。だって、品質を重視して猫ちゃんのキャットフードを選んでいるのに、なんだかよくわからない並行輸入品を買っていたら、意味なくないですか?

そういった意味で、当サイトでは公式サイト以外のキャットフードの商品リンクは貼らないというポリシーで運営しています。(公式サイト以外で販売されている(Amazon、楽天など)キャットフードが、正規品であるという保証はないですから・・・)

はっきり言って、並行輸入品は、価格が安い以外のメリットないと考えています。

オリジンを公式サイトで買うメリット

  • 正規品を確実に買うことができる
  • 何かあったときにリコールの対象になる
  • 複数の店を経由せずに届くから、品質が劣化するのを防げる
  • 安心して愛猫に食べさせてあげられる
  • 全額返金保証がある

先程かいた正規品にこだわる理由が、公式サイトのオフィシャルショップから買うことで全て解決できます。

一番は正規品を買うことで、オリジンに何かあった時にリコールの対象となることですね。安心、安全を買うという意味合いが強いです。「これって品質大丈夫かなぁ・・・?」と心配しながら愛猫に食べさせるよりも、安心して食べさせたいですからね。

またオリジンはキャットフードの種類が変更になったり、リニューアルや製造中止になることがあります。

現在Amazonで販売されている「オリジン キャットフードツンドラキャット」は現在公式サイトでは、もうありません。Amazonで販売されているのは、在庫が無くなれば終了となります。

その他にも、2017年に原産国がカナダからアメリカに変更になり、それにともないキャットフードがリニューアル進化したのですが、公式サイトから買えば新しいものが届きます。Amazonや楽天など公式サイト以外ではリニューアル前のものも普通にありますので、自分自身で確認する必要があります。

また、オリジン公式サイトで購入すると、全額返金キャンペーンの対象になります!

これはオリジンキャットフードを猫ちゃんが食べなかった場合、商品注文から30日以内に申し込むと、商品と引き換えに全額返金してもらえるキャンペーンです。

猫ちゃんはグルメな子が多いため、せっかく買ったのに食べてくれないことがあります。しかしこのキャンペーンがあれば、高級なオリジンでも気軽にお試しすることができます♪

>>『ORIJEN オリジン』公式サイトはこちら

オリジン【正規品】を公式サイトから最安値で買う方法

出典:オリジン公式サイト

正規品を買うには公式サイトが一番安全です。公式サイトのオフィシャルショップには、全額返金キャンペーンがあるので、実は一番リスクのない買い方なんです!

正規品を公式サイトで、最安値で買いたいときには、公式サイトのオフィシャルショップにある”アウトレット”を試してみては?

アウトレットは、全額返金キャンペーン対象外にはなりますが、すでに愛猫が食べるとわかっている場合は最安値で買うことができます。

アウトレット理由は詳細欄にかかれていますので、アウトレットの理由を確認してみて、納得できるのであれば購入してみてもいいと思います。(よく分からない会社が販売している並行輸入品を買うよりは、ずっと良いと思います)

公式サイトから発売されている種類(製造中止に注意!)

キャット&キトゥンが一番においがする気がします

2018年12月現在、公式サイトで販売されているオリジンキャットフードの種類はこちらの4種類になります。

公式サイトで販売されているオリジンの種類

  • オリジン レジオナルレッドキャット
  • オリジン 6フィッシュキャット
  • オリジン キャット&キティ(キャット&キトゥン)
  • オリジン フィット&トリムキャット

製造中止になるキャットフードもある

オリジンの種類は、製造中止やリニューアルになることがあります。以前、販売されていた『オリジン キャットフードツンドラキャット』は現在は製造されていません。

Amazonにあるのは残っている在庫になりますので、それが無くなれば終了となります。

キャットフードがリニューアルすることもある

また先ほども書きましたが、2017年にオリジンの原産国と原材料がリニューアルされました。

原産国はカナダからアメリカになりました。工場は、アメリカのケンタッキー州にあります。

原材料もリニューアルされ、肉の含有量とたんぱく質の量が増え、炭水化物の量が少なくなりました。またディハイドレートという方法で、原材料の栄養を損なわずにキャットフードが作れるようになりました

通常、高温加工するドライフードは栄養素が飛んでしまいます。しかしこのディハイドレートという方法は栄養素が飛ばないので、ビタミンやミネラル類を添加しなくても大丈夫ということなんです。

これは凄いことです!

オリジンキャットフードの疑問

子猫にオリジンを与えても大丈夫ですか?

大丈夫です!

オリジンは、子猫からシニア猫まで食べられるオールステージ用のキャットフードとなっています。

肉含有量が多く、たんぱく質が多いため、栄養をたくさん取ったほうがよい子猫に向いています。

shiroは2歳なのでオリジンの粒の大きさでも問題なく食べられますが、子猫の場合粒が大きくて食べにくいということはあるかもしれません。

なので子猫にお試しする時は、全額返金キャンペーンのある公式サイトから少量パックを買って試してみるとよいでしょう。また食いつきはいいけど粒の大きさだけが気になる場合は、袋に入れて砕いてあげたりふやかしてあげると食べやすくなると思います。

シニア猫にオリジンを与えても大丈夫ですか?

基本的には大丈夫です!

しかし子猫の時と反対で、たんぱく量が多いため、運動量の少ないシニア猫には負担がかかってしまうこともあります。

オリジンはとても理想的なキャットフードですし、食が細くなってきた子に食べさせるには少ない給与量で栄養がとれるためおすすめではありますが、シニア猫の場合はオリジンばかりを食べさせるのではなく、たんぱく量の少ないキャットフードとの併用した方がよいと考えます。

直接お店で買いたいのですが、どこに売っていますか?

私は以前イオンに入っているペットショップで見たことがあります。

しかしオリジンキャットフードの全ての種類、全ての内容量のものが揃っていたわけではありません。それぞれ1つずつ置いてある感じで、在庫も少ないなぁと感じました。

いつ店舗に納品されて、どれくらい保管されていたものかも分からないですし、店舗で買っても価格が安いというわけではないので、やはり公式サイトから買う方がおすすめです。

サンプルはありますか?

オリジンの公式サイトではサンプルの用意はありません。そのかわりに、食べなかったときのために、全額返金キャンペーンを行っているという意味あいですね。

楽天を探したところ、いくつかサンプルを販売しているショップがありました。しかし送料がかかるのと、正規品かの区別がわからないので、やはり公式サイトで買って食べなかったら全額返金してもらうほうがよいと思います。

まとめ

オリジンキャットフードを買う時に、正規品にこだわったほうがよい理由について書きました。

繰り返しになりますが、オリジンはとても素晴らしいキャットフードです。

オリジンは高タンパクすぎるという声もありますが、それはオリジンだけを食べ続けなければ回避することができますし、栄養素を損なわずに作る”ディハイドレート”という方法は、素晴らしいと思っています。

だってディハイドレートのおかげで、サプリメントを添加しなくて済んでいるのですから。

これは、他のキャットフードメーカーにはなかなか真似できないことだと思います。

オリジンは一流品のキャットフードですから、ぜひ品質や保存状態がよくわからない”並行輸入品”を買ってしまっていたということのないように気をつけてください。

公式サイトから買うことで、確実に正規品を買うことができます。

\ ↓↓公式サイトのオフィシャルショップで購入できます!↓↓/

>>『ORIJEN オリジン』公式サイトはこちら

 

 

 

 

当サイトがおすすめするキャットフードランキング

キャットフードの成分がAAFCOの栄養基準を満たしているか、総合栄養食か、というのはドライフードにおいてもはや「当たり前」のことです。

AAFCOの栄養基準を満たしていたとしても、安全とは言えません。AAFCOは栄養基準だけで、原材料の質までは分からないからです。

しかし当サイトでは、原材料の質こそ最も大切と考え、おすすめできるキャットフードを厳選して紹介します。

『モグニャン』

11593
  • グレインフリー(穀物不使用)
  • ヒューマングレードの食材を使っている
  • 着色料、香料不使用
  • 主原料は新鮮な白身魚を68%使用(低脂肪、高タンパク)
  • 野菜や果物が豊富に入っている
  • オメガ3、オメガ6入り
  • 小粒なので食べやすい
  • 全猫種、オールステージ用
1日あたりの給与量 1日あたりのコスト 1ヶ月あたりのコスト
3kgの成猫 (50g / 1日) 118円 3,540円
4kgの成猫 (60g / 1日) 142円 4,260円
5kgの成猫 (70g / 1日) 169円 5,070円

※コストはそれぞれの体重の平均給与量にて、当サイトにて計算しています

主原料が白身魚で、肉に比べ高タンパクすぎないことから、運動量が多くない日本の室内猫ちゃんにむいています。

フードの大きさが約7mmと小粒で、体の小さな猫ちゃんでも食べやすいキャットフード。

香料を使用していないのですが、キャットフードを開けたときに香ばしい良いかおりがします。

もちろんグレインフリーで、ヒューマングレードの原材料を使っています。

お野菜や果物が豊富でコスパがとてもよいので、メインとして食べさせるキャットフードにおすすめ!

『ねこはぐ』

  • グレインフリーではないが、グルテンフリー(小麦フリー)
  • 全ての食材が国産
  • 全ての食材がヒューマングレード
  • 野菜が入っている
  • オイルコーティングしていない
  • 添加物を使っていない(無添加キャットフード)
  • 主原料は、九州産の若鶏を使用
  • 全猫種、オールステージ用
1日あたりの給与量 1日あたりのコスト 1ヶ月あたりのコスト
3kgの成猫 (45g / 1日) 179円 5,370円
4kgの成猫 (55g / 1日) 219円 6,570円
5kgの成猫 (65g / 1日) 260円 7,800円

ねこはぐの特徴は、なんといっても国産!

国産のキャットフードで、なおかつ全ての原材料がヒューマングレードというのはとてもめずらしいです。

原材料の質はとてもよいです。

グレインフリーではありませんが、アレルギーがでる可能性が高い小麦ととうもろこしは使用していません。雑穀を使用しています。

ねこはぐは、2018年に発売されたばかりの新しいキャットフードです。

そのためデータがまだ少ないのと、良質とはいえ穀物がはいっているため、メインとして食べさせるキャットフードではなく、時々ローテーションするためのキャットフードとするのがおすすめ!

『オリジン』

  • グレインフリー
  • ヒューマングレードの食材を使っている
  • 主原料は、新鮮鶏肉・新鮮七面鳥肉・新鮮イエローテイルカレイ
  • 合成サプリメントをほとんど使用していない
  • オメガ3、オメガ6入り
  • 粒のサイズが大きめ
  • たんぱく質がかなり多いので、活動的な若い猫ちゃんむき
1日あたりの給与量 1日あたりのコスト 1ヶ月あたりのコスト
3kgの成猫 (57g/1日) 228円 6,840円
4kgの成猫 (57g / 1日) 228円 6,840円
5kgの成猫 (76g /1日) 306円 9,180円

※コストはそれぞれの体重の平均給与量にて、340g 1,350円(税抜)で計算

オリジンの特徴は、たんぱく質の量が多いこととほとんど全ての栄養を原材料から摂取できることです。

オリジンは猫の祖先の食事を再現しています。

そのためほとんどの食材がまるごと使用されていて、ビタミン・ミネラルといったサプリメントまでもがほとんど添加されていません。

しかし非常に高タンパクなキャットフードのため、運動量の少ない現在の家猫の場合にはカロリー過多になる可能性があります。

若い猫ちゃん、運動量の多い猫ちゃんにはよいでしょう。

誰もが認める優良キャットフードですが、高タンパクすぎるのが気になるため、メインとしてではなく時々ローテーションさせるためのキャットフードの1つにするのが、おすすめ!

-安全なキャットフードを探す

Copyright© 猫ぐらし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.