猫のコラム

ヒカキンの猫『まるお』『もふこ』がとにかくかわいい! 使っていたグッズ調べました

YouTuberのヒカキンさんが飼っている猫、見たことありますか?

これが、とってもカワイイんです♡

もともとヒカキンTVをチェックしていたわけではないのですが、たまたま猫を飼ったときの動画をみて、それ以来猫たちのファンになりました。

ヒカキンの猫成長日記は面白いというより、ただかわいくて癒やされます。

時々商品のレビューをしているので、こちらの記事ではヒカキンがyoutubeで紹介していたグッズをまとめました。

ヒカキン、猫を飼う!名前は『まるお』と『もふこ』

ヒカキンが初めて猫の動画をUPしたのが2018年7月。その時の動画がこちらです。

出典:youtube「【ご報告】家族が増えました!猫飼います」

家に連れてきた直後の動画で、まだ名前も決まっていません。この子がのちに『まるお』と名付けられた子です。

その2ヶ月後の2018年9月にもう1匹猫を迎えてきます。『もふこ』といいます。

ヒカキンはまるおがオスでもふこがメスのため、しばらく別々のゲージで育てていました。まるおが去勢手術した後に初めてもふこと一緒に遊ばせています。

この初めて二匹が遊んでいる動画も、じゃれ合っていてとってもカワイイんですよ〜

出典:youtube「【感動】まるお&もふこがついに一緒に遊びます!

ヒカキンが飼っている猫の種類

ヒカキンが飼っている2匹は、両方ともスコティッシュフォールドの折れ耳ちゃんです。

二匹はなんと同じ日に生まれた兄妹!まるおの方が先にヒカキン宅へ来ているため、まるおがお兄さんのように見えますが、実は同じ日に生まれていたんですね。

スコティッシュフォールドは、何匹か生まれても耳が折れていたり立っていたりと兄妹の中でも違うのですが、この子達は2匹とも折れ耳ちゃんです。

ヒカキンは猫の値段を公表していない

ヒカキンはyutubeを見ている限り、猫たちの値段は公表していません。

家族の一員である愛猫の値段を、堂々と公表する人はいないと思うので、ヒカキンが公表してなくて逆に安心しました。

こちらの動画で、ヒカキンはまるおともふこの両親に会いに行っています(2018年12月)

出典:youtube「【感動】まるおともふこがパパ&ママと再会!」

なかなか自分が飼っている猫のパパとママに会いに行ける機会はないと思うので、ヒカキンはまるおともふこをブリーダーから買ったのかなぁ?

ひょっとしたら、最初から2匹迎えるつもりでブリーダーさんと約束していたのかな?とも思います。

ペットショップだったらその間に売れてしまいそうですもんね・・・

2匹の猫『まるお』と『もふこ』の性格

1匹目の猫『まるお』は、超甘えん坊の男の子

最初にヒカキン宅へ来た『まるお』は、超甘えん坊ちゃんです。ちなみにマリオではなく『まるお』です。

YouTubeにはよく、グテーーとなっている『まるお』がいるのですが、いつもそうみたい(笑)信頼しきっている様子が伝わります。

 

2匹目の猫『もふこ』は、自由奔放な女の子

ヒカキンはもふこを飼い始めた時の動画の中で、「最初から二匹飼いたかったけど男1人暮らしで猫を飼うのは初めてだったから、まずは1匹飼うことにした」「多頭飼いするなら幼いうちの方が良い」という理由でまるおを飼い始めた2ヶ月後くらいにもふこを迎えています。

もふこは、まるおと違って自由奔放のようです。ヒカキンもYouTubeの中でもふこのことを「すぐどっか行っちゃう」と言っていますね。

確かにまるおはヒカキンの膝の上にずっといますが、もふこはすぐにぴゅ〜といなくなってしまいます。

しかし家に来て数ヶ月経つとだいぶ慣れてきたのか、お腹を見せたり甘えたりするようになってきたみたいです♡

まるおもいるから安心しているのかな?

ヒカキンが使っていた【猫用おもちゃ】

次にヒカキンがまるおともふこのために買った猫用グッズを紹介します。

新たなアイテムが出てきたら追記していきますね〜

PAWZ Road キャットトンネル

出典:youtube「まるお、初めてのトンネルで大暴走w」

折りたたみ式の猫ちゃん用トンネルですね。中にボンボンがついています。

まるおがトンネルの中に入ったまま転がったり、ボンボンにじゃれたり、上に乗ったり中に入ったり楽しんでいました。

広げたり、転がるスペースがあったら楽しく遊べそうです!!

キャッチ ミー・イフ・ユーキャン2

出典:youtube「まるお&もふこ、電動おもちゃで大暴走w」

これは電動のおもちゃです。

羽と紐のスティックがついていて、初級・中級・上級の中から速度を選びます。ぐるぐるまわるだけではなく、不規則な動きで猫ちゃんの遊びココロをくすぐるおもちゃになっています。

Amazonを見てみると、替えの羽も売ってました。猫がボロボロにしちゃいそうですもんね。

もふこはなかなかついていけてなかったですが、まるおは段々捕まえられていました^^

どこでも爪とぎタワーS

出典:youtube「まるお、初めての爪とぎタワーで大暴走!?」

ねずみ付きの爪とぎタワーです。ヒカキン曰く、さすだけなので簡単に組み立てられるみたいです。

ベンツ

出典:youtube「まるおにベンツ買ってみた!」

自動車型のペット用ベッドです。ヒカキンが購入したのはベンツ(風)ですね。

ヒカキンが使っていた【猫用シャンプー】

出典:youtube「まるお&もふこをお風呂に2匹とも入れてみたら超大変だったwww」

まるおともふこをお風呂に入れる時に使っていた猫用シャンプーはこちらです。

 

まるおももふこも、ふわふわになっていました。

一緒に使っていた手袋型のブラシは私も使っていますが、ブラッシングが苦手な猫ちゃんにはおすすめです。

すごい取れます!しかも噛まれても痛くない(←これ重要)

ヒカキンTVでは商品名が出てきていませんが、このようなものになります。

価格も安いのに丈夫で、我が家ではかなり重宝しています。

まとめ

ヒカキンが『まるお』と『もふこ』のために購入した猫用グッズを紹介しました。

どれもAmazonや楽天で購入できます。

今後も『まるお』と『もふこ』の成長日記で紹介されるグッズがあれば、追記していきたいと思います。

ヒカキンの猫ちゃん動画は、猫好きにはたまらないですね(Ф∀Ф)

自分の家の猫じゃなくても、癒やされます♡

 

 

 

 

 

当サイトがおすすめするキャットフードランキング

キャットフードの成分がAAFCOの栄養基準を満たしているか、総合栄養食か、というのはドライフードにおいてもはや「当たり前」のことです。

AAFCOの栄養基準を満たしていたとしても、安全とは言えません。AAFCOは栄養基準だけで、原材料の質までは分からないからです。

しかし当サイトでは、原材料の質こそ最も大切と考え、おすすめできるキャットフードを厳選して紹介します。

『モグニャン』

11593
  • グレインフリー(穀物不使用)
  • ヒューマングレードの食材を使っている
  • 着色料、香料不使用
  • 主原料は新鮮な白身魚を68%使用(低脂肪、高タンパク)
  • 野菜や果物が豊富に入っている
  • オメガ3、オメガ6入り
  • 小粒なので食べやすい
  • 全猫種、オールステージ用
1日あたりの給与量 1日あたりのコスト 1ヶ月あたりのコスト
3kgの成猫 (50g / 1日) 118円 3,540円
4kgの成猫 (60g / 1日) 142円 4,260円
5kgの成猫 (70g / 1日) 169円 5,070円

※コストはそれぞれの体重の平均給与量にて、当サイトにて計算しています

主原料が白身魚で、肉に比べ高タンパクすぎないことから、運動量が多くない日本の室内猫ちゃんにむいています。

フードの大きさが約7mmと小粒で、体の小さな猫ちゃんでも食べやすいキャットフード。

香料を使用していないのですが、キャットフードを開けたときに香ばしい良いかおりがします。

もちろんグレインフリーで、ヒューマングレードの原材料を使っています。

お野菜や果物が豊富でコスパがとてもよいので、メインとして食べさせるキャットフードにおすすめ!

『ねこはぐ』

  • グレインフリーではないが、グルテンフリー(小麦フリー)
  • 全ての食材が国産
  • 全ての食材がヒューマングレード
  • 野菜が入っている
  • オイルコーティングしていない
  • 添加物を使っていない(無添加キャットフード)
  • 主原料は、九州産の若鶏を使用
  • 全猫種、オールステージ用
1日あたりの給与量 1日あたりのコスト 1ヶ月あたりのコスト
3kgの成猫 (45g / 1日) 179円 5,370円
4kgの成猫 (55g / 1日) 219円 6,570円
5kgの成猫 (65g / 1日) 260円 7,800円

ねこはぐの特徴は、なんといっても国産!

国産のキャットフードで、なおかつ全ての原材料がヒューマングレードというのはとてもめずらしいです。

原材料の質はとてもよいです。

グレインフリーではありませんが、アレルギーがでる可能性が高い小麦ととうもろこしは使用していません。雑穀を使用しています。

ねこはぐは、2018年に発売されたばかりの新しいキャットフードです。

そのためデータがまだ少ないのと、良質とはいえ穀物がはいっているため、メインとして食べさせるキャットフードではなく、時々ローテーションするためのキャットフードとするのがおすすめ!

『オリジン』

  • グレインフリー
  • ヒューマングレードの食材を使っている
  • 主原料は、新鮮鶏肉・新鮮七面鳥肉・新鮮イエローテイルカレイ
  • 合成サプリメントをほとんど使用していない
  • オメガ3、オメガ6入り
  • 粒のサイズが大きめ
  • たんぱく質がかなり多いので、活動的な若い猫ちゃんむき
1日あたりの給与量 1日あたりのコスト 1ヶ月あたりのコスト
3kgの成猫 (57g/1日) 228円 6,840円
4kgの成猫 (57g / 1日) 228円 6,840円
5kgの成猫 (76g /1日) 306円 9,180円

※コストはそれぞれの体重の平均給与量にて、340g 1,350円(税抜)で計算

オリジンの特徴は、たんぱく質の量が多いこととほとんど全ての栄養を原材料から摂取できることです。

オリジンは猫の祖先の食事を再現しています。

そのためほとんどの食材がまるごと使用されていて、ビタミン・ミネラルといったサプリメントまでもがほとんど添加されていません。

しかし非常に高タンパクなキャットフードのため、運動量の少ない現在の家猫の場合にはカロリー過多になる可能性があります。

若い猫ちゃん、運動量の多い猫ちゃんにはよいでしょう。

誰もが認める優良キャットフードですが、高タンパクすぎるのが気になるため、メインとしてではなく時々ローテーションさせるためのキャットフードの1つにするのが、おすすめ!

-猫のコラム

Copyright© 猫ぐらし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.