カナガンキャットフード おすすめのキャットフード

【カナガン】カナガンキャットフードの評判とみんなの口コミ

カナガンキャットフードの評判と口コミを調べてみました。
どのキャットフードにも言えることですが、その猫ちゃんごとに合う合わないがあります。

食いつきやうんちの様子、毛並みの様子などを見て、結局は「うちのコに合うかどうか」なんですよね。
でも実際にカナガン経験者の声は参考になるのは間違いないので、ご紹介したいと思います(*´∀`*)ノ。+

 

カナガンキャットフードの評判と口コミ集めました

カナガンを気に入っているみたいなので、半年続けてみます

スコティッシュフォールドのメス、現在1歳3ヶ月

普段はお留守番させていることが多いのですが、
特に寂しがっている様子もなく、安心してお留守番させています。

1歳を迎えた際、子ねこ用のフードからカナガンにシフトチェンジし、今月で3ヶ月目になります。
「無添加のフードを食べさせると、うんちのにおいがあまりしない」という記事を
Webで見かけたのがきっかけで、カナガンを食べさせることにしました。

フードをいきなり変えると食べないことが多いと聞いたので、従来のフードに混ぜながら食べさせました。

カナガンの食いつきですが、毎回ご飯の時間になると、座って待機するようになったので、
気に入っているんだと思います^^

最も気にしていたうんちのにおいですが、残念ながらこれは全くと言っていいほど変化がありませんでした。
期待が大きかったため大変残念でした。
カナガンを食べてから、下痢などの症状は特になかったため、安心しています。

フードのにおいは多少キツいものの、毛並みが良くなったなど評判がいいため、
半年与えて様子を見てみようと思って食べ続けています。

他には、シンプリーというフードを与えたことがありますが、
こちらはあまり食いつきが良くなかったため、定期購入はしませんでした。

病院の先生に、添加物が入っていないフードを食べさせるように言われた

ミックス、9ヶ月

1ヶ月くらい前から食べさせてますので、生後約8ヶ月から食べています。

カナガンを食べさせようと思ったきっかけは、
目やにが酷くて、動物病院に連れて行くと、アレルギーの症状だと診断されたからです。

今までは日本製のキャットフードを食べさせていましたが、
病院の先生から「体質的にアレルギーのようなので、
添加物などが入っていないキャットフードを食べさせた方がいい」と言われ、
いろいろ調べた結果、カナガンに変えました。

カナガンに切り替えた時は、臭いが今までのキャットフードと違っていたので、
半分くらい今までのと混ぜて食べさせました。

最初は今までのキャットフードばかり食べていましたが、2回目くらいからは普通に食べました。

カナガンに変えてからの変化は、まだあまりはっきりしませんが、目やにの症状はなくなりました!!

もちろん今もカナガンを食べています。
調子がいいようですので、これからも食べさせていきます。

子猫用のフードを卒業する1歳からはじめました

茶トラのオス、1歳

今は1歳で、ちょうど1歳になって子猫用のフードを卒業する時から、カナガンを与えるようになりました。

キャットフードの栄養が気になっていたので、
あまり安すぎるものをメインに与えるのはやめようとは思っていたのですが、
具体的に何がいいのか分からず悩んでいました。

しかし、カナガンは穀物不使用と知り、魅力を感じました。

ひとまず1袋だけ買って与えてみると、
今まで与えていたエサよりもかなり食いついていたのでびっくりしました。

本人は気に入っている様子なのですが、価格がちょっと高いので、今後続けるかどうかはまだ未定です。

 

>>タップして、カナガンを詳しく見てみてみる

カナガンキャットフードの原材料

  • 乾燥チキン35.5%
  • 骨抜きチキン生肉25%
  • サツマイモ
  • ジャガイモ
  • 鶏脂4.2%
  • 乾燥全卵4%
  • チキングレイビー2.3%
  • サーモンオイル1.2%
  • ミネラル類(硫酸亜鉛一水和物、硫酸第一鉄水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、亜セレン酸ナトリウム)
  • ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)
  • アルファルファ
  • クランベリー
  • タウリン
  • マンナンオリゴ糖
  • フラクトオリゴ糖
  • リンゴ
  • ニンジン
  • ホウレンソウ
  • 海藻
  • カモミール
  • セイヨウハッカ
  • マリーゴールド
  • アニスの実
  • コロハ
    *カナガンキャットフードの裏面より転記

 

動物性原材料と、野菜・ハーブ類を70:30の割合にしているキャットフードです。
主原料はチキン。

猫は元々肉食ですが、肉の種類によっては血液をドロドロにさせてしまいます。
カナガンは、鶏肉を主原料としていて、牛肉や豚肉に比べると比較的固まりにくいです。
血液をサラサラにするものとして、サーモンオイルが入っていますね。

タウリンは、猫にとって必須栄養素。
心臓、筋肉、肝臓、腎臓、肺、脳などに関与します。
必須栄養素なのに、猫自身で作ることができないアミノ酸のため、食べ物から摂取する必要があります。

タウリンが豊富に含まれている食材は、カキなどの魚介類、イワシ、さんまなどです。
基本的には肉や魚が主原料であれば大丈夫ですが、原材料としてもタウリン2,200mg/kgが単体で入っています。

また猫はナイアシンというのも必須栄養素ですが、
これは鶏肉や魚に含まれているため、鶏肉メインのカナガンではクリアできてます。
ミネラルが豊富な海藻類が入っているのもいいですね。

猫のご飯は、肉類を50〜80%くらいが妥当ですが、カナガンは70%を動物性原材料としているためちょうどよいです。
欲を言えば、お魚も入っていたり水分が豊富ならもっといいなぁと思いますが、
ドライフードのメリットは長期保存が可能なことなので、ドライフードだけでは限界があります。

同じキャットフードだけを食べさせ続けるのではなく、フードのローテーションしたり、
食材をトッピングすることで解決していきましょう。

また昔の猫は、水分が多い人間の残り物を食べていましたが、現代の猫はドライフードがメインです。
ドライフードは高熱処理されているため、水分が不足してしまいます。
水道水をおいておくだけでは猫ちゃん自身ではなかなか十分な水分がとれないため、
時々スープでふやかすなどの配慮は必要です。

水分を摂ることで腎臓などの病気予防にもなります。

カナガンキャットフードの成分

粗タンパク質 37.00%
脂質 20.00%
粗繊維 1.50%
粗灰分 8.50%
水分 7.00%
オメガ6脂肪酸 2.99%
オメガ3脂肪酸 0.82%
リン 1.40%
マグネシウム 0.09%
ナトリウム 0.36%
カルシウム 1.58%
カリウム 0.64%

たんぱく質が37%、脂質20%なので結構高めです。運動量の多い猫ちゃんや若い猫ちゃんはいいですが、与えすぎないように注意しましょう。
血液サラサラのためにオメガ3が入っているのはいいですね!

カナガンの悪評も気になる所

食いつきがよいと評判のカナガンですが、飽きてしまったなどの声もありました

半年で飽きてしまいました

スコティッシュフォールド、4歳

5キロオーバーのちょいポチャ猫です。運動は苦手でおもちゃでもあまり遊びません。

うちは、3歳6カ月~4歳になるまでの約半年間、カナガンを食べさせました。
健康的に育ってほしいと思い、ネットで検索した際に高評価だったので、カナガンにしようと決めました。

急にカナガン一種類のみに変えてしまうと、下痢してしまうのが不安だったので
今までのフードに少し混ぜてあげました。

うちの子は、今までプレミアムフードは食べたことがなかったので、
最初のうちは物珍しさで食べていましたが、だんだん飽きてしまい食べなくなりました。

便が以前よりも黒くなり、臭いがきつくなってしまいました。
あげ始めて半年程で飽きてしまったようなので、あげるのをやめました。

今は、ニュートロのナチュラルチョイスをあげていますが、
たぶんこれもそのうち飽きてしまうんじゃないかと思います・・・

 

 

猫村ココのお腹の調子がイマイチ(ずっとゆるゆる💩)なので、ご飯を変えたりしてみた。 ①カナガンは一口食べたけど、匂いが嫌いなのかな⁈ ピッピおじさんは好きみたい。ガツガツ食べてたなぁ。 ③のロイヤルカナンの胃腸が弱い子用は、よく食べてくれる。小粒で食べやすいのかな?これもピッピが食べたがる…ピッピの胃腸は丈夫なのに。 ⑤のちゅーるのチューブは練乳みたい。乳酸菌が効くかな?サプリ用に猫村だけエセ練乳にしてみる。 明日からの💩のかたまり具合が楽しみ。#猫下痢#カナガンキャットフード #ロイヤルカナン#ちゅーる#乳酸菌#猫のお腹#猫のサプリ

ぴぴおさん(@pipi.2)がシェアした投稿 -

カナガンで下痢をした場合の対処法

まずは与えている量が正しいか確認してください。
カナガンの給与量は少なめなので勘違いしやすいですが、パッケージに書かれているのは「1日分」の給与量です。
ちなみに成猫の場合、

2.5kg〜3.5kgの子・・・35g〜45g

3.5kg〜4.5kgの子・・・45g〜60g

になります。

食べ過ぎが続くと、うんちが柔らかくなったり下痢になる場合もあるので、
欲しがるからといってたくさんあげすぎないように気をつけます。

また急にフードを変えると、下痢してしまうこともあります。
なので今までのフードに少しずつカナガンを混ぜて、猫ちゃんの様子をみていきましょう。

カナガンはオリゴ糖が入っているため、腸内環境を良くしてくれる働きが期待できます。

カナガンを食べない猫ちゃんへの対策

カナガンはそれなりの価格帯のキャットフードですが、残念ながら猫ちゃんによっては食べてくれない子もいます。
特に猫ちゃんはこだわりが強いので、カナガンを好きな子は大好きですが、食べない子は食べないです。
そこで、カナガンを食べてくれない子への対処法を考えてみました。

キャットフードをふやかす

ママ特製のスープや、お白湯でカナガンをふやかしてみましょう。
スープは肉、魚、野菜などコトコト煮込んだものやお白湯でもよいです。
特に猫ちゃんは、お肉やお魚を煮たスープは大好きです。
ふやかすことでウエットフードに近い食感になります

電子レンジでチンする

レンジで10秒くらい加熱してみましょう。
ほんのりあたたかくて、出来立てみたいになります。
温めることで、猫ちゃんにとって食べたくなるようなにおいが出てきます。

食材をトッピングする

食材やスープ スープだけでなく食材をトッピングしてみましょう。
うちはお野菜が苦手なのですが、かつおぶしをふりかければ野菜も一緒に食べてくれてちょうどよいです♪

カナガンがおすすめの猫と、カナガンを与えてはいけない猫

1歳以上の健康な子ならおすすめです。
たんぽく量が多いため、よく動く子も良いですね。

原材料に粗悪な物がつかわれていないですし、品質もよいので健康維持の為におすすめのキャットフードの1 つです。
販売サイトを見ると「カナガンは高タンパクなのでシニア猫にもおすすめ」と書かれていますが、
高齢シニア猫の場合は、カナガンのたんぱく量が消化しきれず体に負担がかかってしまう可能性があります。
その場合は量を減らして他の食材を足すか、もう少したんぱく量の少ないドライフードを試してみましょう。

現在既に慢性腎不全などの病気がある子も、注意が必要です。
カナガンは療養食ではないので、カナガンの成分値を獣医さんに見せて確認してみてください。

基本的にキャットフードは薬ではないので、フードを変えたからといってすぐに病気が治るというのは期待できません。
しかし、今まで食べていたものが粗悪なキャットフードならば、
良質なものに切り替えることによって悪化を防ぐことができます。

病気といえないちょっとしたトラブルなら、フードを変えることで改善してしまったパターンもあります。
しかし基本的には、薬ではなく食事でなんとかしたい場合は、食事療法に詳しい獣医さんに相談するのが的確です。

カナガンキャットフードのカロリー

カロリーは、100gあたり390kcalで標準です。
カナガンは、特にくせがなく標準的なキャットフードなので、「まずはカナガン」でいいと思います。

カナガンキャットフードの賞味期限

カナガンの賞味期限はパッケージに印字されています。
公式サイトで買うと、未開封の状態で1年以上先の物が送られてきます。

カナガンは人工的な保存料ではなく、天然の保存料であるミックストコフェロール(ビタミンE)を使用しているため、
開封後は2ヶ月くらいで食べきった方がいいです。
食べる量が少ない子の場合は、小分けにして保存しておきましょう。

うちみたいに袋をかじってしまう食いしん坊がいるおうちは、
プラスチック容器などに保存しかじられて酸化することがないように気をつけてくださいw

カナガンは腎不全の猫に適していますか

先ほども書いたように、カナガンは療養食でも特定の疾患を治すものでもありません。

なので、カナガンだけではなくどんなキャットフードでもそうですが、
既に腎不全などの持病がある場合は、成分表を持って獣医さんに聞いてみてください。

ネットを見ると「腎不全だったのに◯◯というキャットフードを食べたら治った!」と書く無責任のサイト運営者も残念ながらいます。
ですが大切な猫ちゃんを守れるのは飼い主さんだけなので、
腎不全など現在病気療養中の猫ちゃんの場合は、専門家の意見を仰ぎましょう。

しかしカナガンはホームセンターなどで売られているキャットフードと比べると、
原材料・成分ともにバランス良く良質なキャットフードと言えるでしょう。

>>タップして、カナガンを詳しく見てみる

当サイトがおすすめするキャットフードランキング

キャットフードの成分がAAFCOの栄養基準を満たしているか、総合栄養食か、というのはドライフードにおいてもはや「当たり前」のことです。

AAFCOの栄養基準を満たしていたとしても、安全とは言えません。AAFCOは栄養基準だけで、原材料の質までは分からないからです。

しかし当サイトでは、原材料の質こそ最も大切と考え、おすすめできるキャットフードを厳選して紹介します。

『モグニャン』

11593
  • グレインフリー(穀物不使用)
  • ヒューマングレードの食材を使っている
  • 着色料、香料不使用
  • 主原料は新鮮な白身魚を68%使用(低脂肪、高タンパク)
  • 野菜や果物が豊富に入っている
  • オメガ3、オメガ6入り
  • 小粒なので食べやすい
  • 全猫種、オールステージ用
1日あたりの給与量 1日あたりのコスト 1ヶ月あたりのコスト
3kgの成猫 (50g / 1日) 118円 3,540円
4kgの成猫 (60g / 1日) 142円 4,260円
5kgの成猫 (70g / 1日) 169円 5,070円

※コストはそれぞれの体重の平均給与量にて、当サイトにて計算しています

主原料が白身魚で、肉に比べ高タンパクすぎないことから、運動量が多くない日本の室内猫ちゃんにむいています。

フードの大きさが約7mmと小粒で、体の小さな猫ちゃんでも食べやすいキャットフード。

香料を使用していないのですが、キャットフードを開けたときに香ばしい良いかおりがします。

もちろんグレインフリーで、ヒューマングレードの原材料を使っています。

お野菜や果物が豊富でコスパがとてもよいので、メインとして食べさせるキャットフードにおすすめ!

『ねこはぐ』

  • グレインフリーではないが、グルテンフリー(小麦フリー)
  • 全ての食材が国産
  • 全ての食材がヒューマングレード
  • 野菜が入っている
  • オイルコーティングしていない
  • 添加物を使っていない(無添加キャットフード)
  • 主原料は、九州産の若鶏を使用
  • 全猫種、オールステージ用
1日あたりの給与量 1日あたりのコスト 1ヶ月あたりのコスト
3kgの成猫 (45g / 1日) 179円 5,370円
4kgの成猫 (55g / 1日) 219円 6,570円
5kgの成猫 (65g / 1日) 260円 7,800円

ねこはぐの特徴は、なんといっても国産!

国産のキャットフードで、なおかつ全ての原材料がヒューマングレードというのはとてもめずらしいです。

原材料の質はとてもよいです。

グレインフリーではありませんが、アレルギーがでる可能性が高い小麦ととうもろこしは使用していません。雑穀を使用しています。

ねこはぐは、2018年に発売されたばかりの新しいキャットフードです。

そのためデータがまだ少ないのと、良質とはいえ穀物がはいっているため、メインとして食べさせるキャットフードではなく、時々ローテーションするためのキャットフードとするのがおすすめ!

『オリジン』

  • グレインフリー
  • ヒューマングレードの食材を使っている
  • 主原料は、新鮮鶏肉・新鮮七面鳥肉・新鮮イエローテイルカレイ
  • 合成サプリメントをほとんど使用していない
  • オメガ3、オメガ6入り
  • 粒のサイズが大きめ
  • たんぱく質がかなり多いので、活動的な若い猫ちゃんむき
1日あたりの給与量 1日あたりのコスト 1ヶ月あたりのコスト
3kgの成猫 (57g/1日) 228円 6,840円
4kgの成猫 (57g / 1日) 228円 6,840円
5kgの成猫 (76g /1日) 306円 9,180円

※コストはそれぞれの体重の平均給与量にて、340g 1,350円(税抜)で計算

オリジンの特徴は、たんぱく質の量が多いこととほとんど全ての栄養を原材料から摂取できることです。

オリジンは猫の祖先の食事を再現しています。

そのためほとんどの食材がまるごと使用されていて、ビタミン・ミネラルといったサプリメントまでもがほとんど添加されていません。

しかし非常に高タンパクなキャットフードのため、運動量の少ない現在の家猫の場合にはカロリー過多になる可能性があります。

若い猫ちゃん、運動量の多い猫ちゃんにはよいでしょう。

誰もが認める優良キャットフードですが、高タンパクすぎるのが気になるため、メインとしてではなく時々ローテーションさせるためのキャットフードの1つにするのが、おすすめ!

-カナガンキャットフード, おすすめのキャットフード
-,

Copyright© 猫ぐらし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.